ねことともに

京都の夜

「大店」とよばれる店を全国に開き、天秤棒一つで活躍した近江商人。
質素倹約、質実剛健をモットーとして、信用を第一にして商いの道を開いていった。
豊かでありながら、つつましい生活の日々がひしひしと伝わってくるものがあります。
(歴史資料館パンフレットより)

なるほどね、しっかりと見て感じて参りましたよ~。
f0163843_19275311.jpg




f0163843_192879.jpg




f0163843_19281923.jpg

今、探して見るとしっかり感じた割にはいい写真が撮れていません。
あの暑さでピントも狂ったかぁ~(^^;;



f0163843_1930272.jpg

あ~よろけてるし~~~







f0163843_1928372.jpg

京都に降り立ったのは何年振りでしょうか。
地下鉄で四条河原町に出ましたが、前夜の祇園祭りの余韻でしょう
もの凄い人出でごった返していました。
祭りの後でたぶん人もあまり居ないのでは。。。大ハズレ。

夕食まではだいぶ時間があり、折角なので『八坂さんへ』と歩きましたが
途中の花見小路でUターンしてしまいました。

f0163843_19284833.jpg

こちらの河原で小魚を狙う白サギ二羽をずっと眺めていました。
ここはデートスポット♪
夕暮れとともにふたり連れがあっちにもこっちにも

さて、お時間もちょうど宜しいようで…

f0163843_19285845.jpg

今回の〆は高瀬川沿いの「くりた」で京懐石をいただきました。
ネットで見つけたのですが
『京料理をもっと身近にもっと気軽に味わって欲しい』と店主の声に心惹かれて伺いました。
とても美味しく気さくなお店。また居心地がよく、近ければ春夏秋冬を是非味わってみたいものと思いました。
食材には「はしり」「旬」「名残り」があると聞きましたが、まさにその「はしり」を今回は銀杏でいただき、一番の感激でした。
まだ木に生っている実を収穫するそうで、翡翠色の瑞々しい粒は大きくとてもやさしいお味でした。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、お土産もそこそこに新幹線に飛び乗りました。
ふふ、お飲み物だけはしっかりゲットして…

f0163843_1929991.jpg

とても暑くて長い一日でした。

「どうもお疲れさま」

「ねぇ、夏休みどうする?」

   「・・・」

「私、やっぱり夏は車がいいなぁ~♪」 

   「ZZZ Z zzz」

「あれッ、聞いてないの?」
by smiss2 | 2010-07-22 22:00 | お出かけ